0994-48-3173
  • 住  所

    〒893-0046
    鹿児島県鹿屋市横山町1554-1

  • 診療時間

    午前診: 8:30~12:00
    午後診: 13:00~19:00
    ※土曜日午後診: 13:00~17:00

  • 休診日

    日曜日・祝日午後診

ブログ

胆嚢切除
  • 2022/04/30

こちらの症例はTプードル、7歳、黄疸を呈した症例です。他院にて黄疸治療を行うも改善せず、外科手術が必要な症例で当院を受診されました。

※胆嚢は肝臓と十二指腸の間にある袋状の消化器で、肝臓で生成された胆汁を貯留・濃縮し、胃に食べ物が入ると、脂肪の分解を助ける胆汁を十二指腸へ排出します。肝臓の異常や内分泌疾患などが原因で胆汁の性質が悪化すると、本来サラサラしている胆汁が徐々にドロドロになり、これを「胆泥」と呼びます。胆泥の性質がさらに硬くなると「胆石」、胆嚢に細菌感染が生じて炎症が起きると「胆嚢炎」、粘液質の物質で埋め尽くされると「胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)」に至ります。また、胆汁が十二指腸に流れる通路である総胆管に胆石が詰まると「総胆管閉塞」となります。

今回の症例はエコー写真にあるように胆嚢内に粘稠度が高い胆泥と細かい結石が凝集しており、さらにはそれが胆汁の排泄口である総胆管に詰まってしまい、胆汁が流れず閉塞性の黄疸を呈していました。内科治療に反応せず、外科的に閉塞している総胆管を開通させないと亡くなってしまうため、当院を受診し手術することとなりました。

写真の矢印は総胆管です、小さい赤丸部分の総胆管は黒くなっており、この部位を触診すると胆石が詰まっていることがわかりました。手術は大きい赤丸部分の胆嚢を摘出し、胆嚢管側からカテーテルにて総胆管を開通、洗浄しています。

 

手術も無事に終え、術前に7.9あったビリルビンという黄疸の数値が術後には0.8と劇的に改善し、無事に退院できました。

1ヶ月くらいは肝臓薬が必要かと思いますが、肝機能も改善することが予想されます。

ページトップへ